Just another WordPress site

制服も洗えて便利

共働き夫婦の味方、制服も洗えて便利な幼稚園とは

秋ごろから始まる幼稚園の入学テスト。最近では共働き夫婦が増え保育園のほうに人気が高まっていますが、かわいい制服を着て通園出来る幼稚園のほうも根強い人気があります。また保育園に子供を取られないよう、働くお母さんを応援する意味でも最近ではいろいろな工夫を凝らした幼稚園が増えているようです。

まず多くの幼稚園が昔はお弁当が当たり前だったのが、最近では給食を用意しているところが多くあります。全日給食というところもあれば、週二回はお弁当で残りは園側が用意した給食という場所もあります。キャラ弁などが話題にもなっていますが、共働き夫婦にとって毎日のお弁当作りはとても大変なもの。週に何度か作らなくても良い日があれば親の負担はぐっと減るものです。

そして最近の幼稚園の多くが、預かり保育と言った延長保育を設けています。通常園の保育時間は朝9時頃から午後二時前後が一般的です。しかしたった五時間の保育時間では親はなかなか外で働くことが出来ません。そこで働く親のために延長保育というものを設けて、仕事が終わる時間まで子供を預かってくれるのです。多くの幼稚園がだいたい夕方6時頃までの延長保育を実施しており、必要な場合は事前に申し込むなりして別料金を支払い、子供を預かってもらいます。保育園と同じように延長保育の間子供たちはおやつを食べたり、年少さんなどのまだ幼い子には昼寝をさせてくれたりと、共働き夫婦にとってはとても助かるシステムです。

そして幼稚園と言えばかわいい制服がありますが、これも働く親にとってはポイントになります。デザインがかわいらしく高級志向の制服もあるのですが、問題はその服が洗えるかどうかが大切なのです。いくら高級品で素晴らしい制服であろうと、子供は日々服を汚すもの。その服がクリーニングでしか洗えないようなものであれば、親にとっては大変不便でお金もかかってしまいます。そこで最近の園では一見とても高級そうな可愛らしい制服も、洗濯機で洗えるような物を取り扱っています。保育園の場合制服がないのが一般的ですが、日々洗い替えの洋服を準備して持たせるのも実は大変であり、決まった制服がある幼稚園のほうが朝の支度は楽なのかもしれません。

このように最近の幼稚園は保育園に負けないように共働き世帯でも通いやすいよう様々な配慮がされています。しかも園バス通園出来る場所が多く、そうした意味でも保育園より通いやすいという声もあります。ただどれだけ働きやすい環境があっても、実際に園に通うのは子供たち。子供が通いやすく気に入った幼稚園を見つけることが出来たら嬉しいですね。